アメリカのクレジットカード業界の現状

クレジットカードの発祥は1950年のアメリカと言われています。アメリカのクレジットカード業界では分業が進んでいて、4つの業者で成り立っています。
ブランドを提供するブランドホルダー・クレジットカードを発行するイシュアー・加盟店の開拓を行うアクワイアラー・通信業務を行う第三者プロセッサーの4者です。
日本で一般的なのは第三者プロセッサーを除く3つの業者の業務をクレジットカード会社一社で行っている場合です。日本では銀行系の他に信販系、流通系の発行するクレジットカードも多く、その他の業種でも数多くのクレジットカードが発行されていていますがアメリカでクレジットカードを発行する業者は金融機関がほとんどで、アメリカで発行されているクレジットカードの大半は、銀行大手のバンク・オブ・ アメリカ、シティグループ、JPモルガン・チェース発行のクレジットカードと言われています。

アメリカではクレジットカードの支払方法はリボ払いに統一されています。しかし、日本ではクレジットカードではあらゆる支払方法を利用できるのが一般的です。日本のクレジットカードでは1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払い、ボーナス2回払いと支払方法は豊富です。ボーナス払いと分割払い、2回払いは日本独特の支払い方法です。

アメリカで一般的なのはリボ払いのミニマムペイメント方式です。最低支払金額以上であればいくらでも支払うことができる方式ですが、ほとんどの会員は手数料を意識せずに最低金額で支払い続け、残高を増やし続けているようです。これがサブプライムローン問題による不景気と重なりアメリカではクレジットカード業界の衰退につながっています。チャージカードというものもあり、クレジットカードとは区別されているカードで1回払いができます。これはダイナースクラブやアメリカンエキスプレスで発行される富裕層向けのカードとなっています。

アメリカでは一人当たり平均で9枚のクレジットカードを持っていると言われていますし、過半数が残高を残して最低額しか支払わないというデーターもあります。アメリカではクレジットカードが発達していますが、金銭感覚を養う教育はあまり行われていないようです。クレジットカードの支払はリボ払いのミニマムペイメントが基本でそれ以上であればいくらでも支払うことができますが、最低支払金額で支払い続けていれば残高は減ることはありません。数百円の買い物でもクレジットカードを利用する環境で、手数料や返済の現状を理解している人が少ないことがサブプライムローンによる経済破綻の下地になっているのかもしれません。
サブプライムローン問題の発端となったアメリカのクレジットカード業界は大きな痛手を被っています。

アメリカのクレジットカード市場の成長ペースは大幅に鈍化しています。これは根本的には市場が成熟したものでもありますが、それ以外にも、決済および借り入れ手段が多様化していることが影響している可能性があると考えられています。具体的には、決済においてデビットカード、借り入れにおいてホーム・エクイティ・レンディングが急拡大しており、その影響から決済および借り入れの両面においてクレジットカードの成長が抑制されているというものです。

こうした状況下で、クレジットカード発行会社も対応に取り組んでいます。
ひとつは、今まで以上にクレジットカードの保持および利用の向上を重視するようになっていることです。利息収入の伸び悩みが予想されるなかで、それを補うために加盟店がカード会社に支払う売上交換手数料の収入を拡大したいからです。その一環として、ポイントプログラムを充実させる動きが広がっています。例えば、取得したポイントを住宅ローンの返済に充当できるプログラムなどです。
次に、クレジットカードと他の金融商品との連携を強めようとの試みです。多様化する決済や借り入れのニーズに限りなく対応するとともに、関連商品などの販売を促進するためです。こういった取り組みは、クレジットカードから得られる顧客情報が役に立ちますし、自社のブランドをさらにアピールするための手段としてクレジットカードを活用できます。
最後に、クレジットカードを専業とする単一ライン路線からの脱却です。これは一つには、クレジットカードと他の金融商品との連携強化に困難を覚えたことが原因です。

クレジットカード業界の内幕を暴露したドキュメンタリー映画も公開されています。この映画では経済界と政治の癒着や、クレジットカード会社の戦略や回収の実態などが描かれています。実際にあった話として、クレジットカードの支払いを苦に自殺した学生の遺族に、自殺の原因となったクレジットカード会社からダイレクトメールが届くということもありました。日本でも過去に消費者金融業界に同じような実態があり、貸金業法を改正して国が総量規制を行うという強硬手段を行っています。今アメリカで求められているのは思い切った規制なのかもしれません。

  • クレジットカード換金は一時的には現金を手にすることができますが、負債が増えることには変わりありませんので、くれぐれも利用にはご注意ください。
  • http://www.rodkelley.com/
  • クレジット現金化業者の口コミを紹介するサイトも数多くあり、サービスを提供している業者はインターネットでの広告展開に力を入れています。
  • http://www.shjcfz.com/
  • 優良と言われているクレジットカード現金化の還元率は概ね80%前後のようです。ひどい業者になると60%程度の還元率であったり、全く現金の振り込みを行わないものもいるようです。
  • http://www.yunzhongmuye.com/